車引っ越しはディーラーがオトク?

車の引っ越しについてディーラーに頼むべきか否か?

車の引っ越しに関するもろもろを、ディーラーに依頼するのと自分自身で行うのとではどっちがトクなかということについて調べてみたのですが、通常自宅の引っ越しをする時には、住民票や電気・ガスなどといった公共料金、銀行口座などの住所変更というものが必要となってきますが、車の引っ越しについてもやはり必要となる手続きがいくつかあるのです。

その際に車の引っ越し手続きをご自分でするのかディーラーに任せるのかというところで、費用の面では結構異なってきます。

当然ですが、ご自身で車の引っ越し手続きをされたほうが、ディーラーに頼むよりもコストはかからないですね。その代わりお勤めされている方であれば会社を休む必要性が出てきたり、難しければご家族の方に頼んで手続きしてもらったりということにもなるでしょう。

「引っ越しで多忙な中そんなことをやっていられるはずもない!」などという場合や、多少費用をかけてでもそのような煩わしさから開放されたいという場合には、やはり車のことについてはディーラーにお願いするというのは一般的な方法ではないかと思います。ディーラーに支払う費用はかかりますが、確実な手続きが期待できるので安心です。注意したいのは、自分自身で手続きする場合でもディーラーに頼む場合でも、どちらにしても車の手続きに必要な書類に関しては用意しておかなくてはいけないということです。

では車の引っ越しではどのようなことが必要なのかというと、車庫証明の手続きや、運転免許証と車検証の住所変更を行っていくことになります。これらをすべてディーラーに頼むとなると、地域やそのディーラーによっての違いもあるかとは思いますが、大体数万円前後の料金が発生してくるようです。

とはいっても、引っ越し自体には色々な費用がかかってきますので、その中の一部ということでやはり車の件はディーラーに依頼する人の方がどうしても多いようです。車の引っ越しの必要経費ということで、ある程度あきらめたほうがイイのかもしれないですね。